Subscribe Now


4月17th

名刺を英語表記する時の書き方や注意点

· No Comments

名刺の英語表記はどのように書くかご存知でしょうか?ただ日本語を英語にするだけでは誤解を生むかもしれません。事前にルールや表記方法を確認し、英語圏の相手にちゃんと伝わる英語表記で名刺が作れるようにしておきましょう。

名刺には日本語だけでなく英語を載せる場合もありますが、ルールや注意点をよく理解しないと逆効果となるため、しっかりと準備する必要があります。英語圏で理解してもらえる表記に留意し、法人格・会社名・組織名・肩書きなどは代表的な表記に揃えた方が伝わりやすくなります。例えば株式会社はCorporation (=Corp.) 、水産・農林業はFishery, Agriculture Forestry、人事部はPersonnel Department、部長はDepartment Managerなど、使い慣れない英語が並ぶため、確認して載せることが求められます。また、氏名や住所は日本語と英語で並べる順番が異なる場合があるので注意が必要です。氏名は名-姓の順番がまだまだ主流で、住所は番地から始まり町、市区、都道府県、郵便番号、国と狭い範囲から広い範囲の順に並べます。このように単純に日本語を英語にするだけでなく、英語ならではの書き方に倣って名刺を作成しましょう。

名刺作成のmeishi21

Tags

Recent Posts

Put something you like.

Random Posts

Put something you like.

Leave a comment!